加齢と共に薄毛に、薄毛問題を発毛や植毛できちんと解決

問題を解消するいま話題の方法とは

進化した治療法

痛くない次世代の自毛植毛

AGA治療が出来るクリニックではプロペシアなどの飲み薬、ミノキシジルなどの外用薬を使ったAGA治療が主に行われていますが、その他に行われているのが「自毛植毛」です。 自毛植毛とは自分の毛髪を頭皮に移植して髪の毛を増やす技術です。自毛植毛を行っているクリニックは多いですが、自毛植毛は「痛い」というイメージがあるためか、あまり浸透していないようです。 しかし、最近は次世代のメスを使用しない切らない自毛植毛が登場しています。切らないのでキズあとが目立つことがなく、痛みもほとんどなく治療ができます。従来の自毛植毛よりも定着率がよく、高密度で自然な仕上がりになります。 次世代の自毛植毛が普及すれば、どんな人でもAGAが克服できるようになります。

早期治療でAGA克服

AGA治療はなるべく早く始めることをお勧めします。AGAが進行して頭髪が薄くなってしまってからAGA治療をスタートしても、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬の効果が薄くなってしまうからです。AGAが進行してから治療を始めると、薄毛をストップさせて、さらに増毛効果を得るまでにかなり時間がかかり、それだけお金もかかることになります。 「最近何となく抜け毛の量が増えてきたような気がする」と思ったら、ためらわずに育毛シャンプーに変えたり、育毛ローションを使用したりすることが重要です。早めに治療をスタートする事でAGAに本格的になる前に治療を終えることができます。AGAを改善するには早期治療が最も有効なのです。